サラリーマン大家とは?|サラリーマン不動産投資入門

スポンサードリンク

サラリーマン大家とは?

従来は、不動産投資と言えば 地主さんがやっているものでした。

ただ、最近では『金持ち父さん』などの本も出版され、サラリーマンが不動産投資へ進出していることも増えてきました。

これら、不動産を購入して、投資の世界に足を踏み入れるサラリーマンが『サラリーマン大家』などと呼ばれるようになってきました。

安定した収入が得られる不動産投資は魅力的ですが、そもそも地主さんたちとことなり、背景に土地や資産を持っていない『ただのサラリーマン』が投資の世界に入るわけですから当然リスクもあることをわきまえる必要があります。

当サイトでは、そのようなリスクも踏まえながら、サラリーマンでも大家さんになり経済的な自由を手に入れるための手法や方向性について解説していきます。


サラリーマン不動産投資(サラリーマン大家)とは、普段は雇われ人としてサラリーマンをしながら、収益不動産(1棟アパートや区分マンションなど)のオーナーになることです。

一番メリットとして考えられていることは、『毎月 家賃収入が入ってくる』ということでしょう。
『高く売れるて儲けがでることもあるかもしれない』という期待を込めた純粋な投資で興味を持っている人は少ないと思います。

この点で、他の投資と比較すると、安定した収入が得られるイメージが強いことも『サラリーマン不動産投資』人気の理由です。

あえてイメージが強いという言い方をしたのは、相応のリスクがあるからです。
安易に『簡単に設けることが可能』ととらえるのは危険ですので、リスクをよく理解したうえで不動産投資の世界に踏み込んでください!

それでは、安定した収益を出して、経済的な自由を獲得できるサラリーマン不動産投資家(サラリーマン大家さん)を目指して頑張りましょう!!!



スポンサードリンク




HOME-サラリーマン不動産投資入門