銀行融資の種類と特徴|サラリーマン不動産投資入門

スポンサードリンク

銀行融資の種類と特徴|サラリーマン不動産投資入門

不動産投資にとって、銀行融資は切っても切れない関係にあります。

数千万円〜数億円にもなる投資を現金で購入できる層は少ないでしょう。


ただ、住宅ローンと異なり、不動産投資への銀行融資は条件が厳しくなっていますので、自分へ融資してくれる銀行を探すことが不動産投資の成功につながる重要なファクターとなります。



●都市銀行での融資について

『アパートローン』という名の不動産投資用のローン(融資枠)がありますが、2〜3割程度の頭金を用意しなければならないことがほとんどです。

借りることができれば、金利は比較的低くなるでしょう。

また、全国に支店があるので、地方在住で都市の物件を購入するなどの地域またぎ融資が可能であることもメリットです。

自分の知り合いでも、愛知在住で埼玉の収益物件購入する際は、いろいろ回りましたが、都市銀行以外は門前払いでした。


●信用金庫

自己資金は、都市銀行と同様2〜3割程度必要です。
金利も、都市銀行とそれほど変わりません。

信用金庫によっては、不動産投資に積極的なところもあります。
都市銀行よりは、審査基準が緩いところもあるのでねらい目かもしれません。

都市銀行よりは、お得意様になりやすいので個人投資家にはおすすめです。


デメリットとしては、地域密着型なので、その地域以外への融資が禁止されている点です。
全国の不動産を購入したい方には向いていません。


●オリックス信託銀行、スルガ銀行 など不動産投資に積極的なところ

自己資金は少なくても融資してくれます。
また、不動産投資に積極的で、融資が通る確率は高いです。

ただし、金利は4.5%くらいでとっても高いです。
相当な高利回りの収益物件でないと、収益効果が低くなるので注意が必要です。

融資が通りやすいので、不動産屋さんが勧めてくるのは、だいたいココです(笑)


●日本政策金融公庫

日本公庫は、100%政府出資の政府系金融機関ですが、不動産投資家が多く利用している金融機関でもあります。

女性や若者は特に、有利になる枠もありますので、おすすめです。

2015年現在では、固定金利で2%程度の融資となることが多いようです。


名前は固いイメージがありますが、都市銀行よりは確率が高いと思いますので、まずは行って相談してみるのもいいと思います。



●注意点

融資を受ける際に、注意してほしいのは、、、、
『不動産投資』には融資してくれない、ということです。

あくまで『不動産経営という事業』に対しての融資です。

投資に融資はしてくれませんので、経営を全面に出すようにアピールしましょう!


スポンサードリンク




HOME-サラリーマン不動産投資入門