不動産投資 初心者が買うべき物件は?|サラリーマン不動産投資入門

スポンサードリンク

不動産投資 初心者が買うべき物件は?|サラリーマン不動産投資入門


不動産投資をこれからはじめる『初心者』が初めに買うべき物件はどんなものが良いのか?

この問いは、いろいろなところで見かけます。


『まずは、簡単な区分マンションがいい!』とすすめる営業マンから電話攻勢がありますよね(笑)
よく、会社の電話にかかってくるのではないでしょうか?


営業トークは、その会社が儲けるための嘘でまみれていますから信じないほうが良いですが、
では、何が良いのでしょうか?

コレは難しい問題です。



一概に不動産投資の初心者とは言っても、それぞれに置かれている立場が違います。

一流企業のサラリーマンがさらに上を目指すのか、
低い年収だが人生逆転を狙うのか、
貯蓄額はいくらなのか、
毎月の貯蓄はいくらできるレベルなのか、
最終的な規模はどのくらいをめざすのか、

いろいろな要素によって、目指すべき物件が変わってくるからです。


スポンサードリンク


でも、そんなことを言っていると、答えにたどり着きません(汗)


ということで、今回は個人的な主観を思いっきり入れて回答することにします。



区分マンションに関しては、おすすめしません。
長期的に見て儲かる物件が少ないこと、銀行での担保評価が低いので資産拡大の障害になること、などから個人的には買わない判断をするからです。

全部が全部ダメなわけではないのです。
ダメな物件が多いので、初心者だと判断が難しい気がします。


かといって、いきなり数億円のRCマンションからチャレンジするのもリスキーです。
大家力が無いのに、いきなりハズレ物件にあたると『自己破産』なんて最悪のケースもありえますから。。。。

リスクを負っても挑戦する意気込みがあるなら止めません。
それも人生ですし、成功の可能性も低くはないと思います。ちゃんとした物件を買えば。



ある程度、リスクとの兼ね合いが取れたところというならば、2000万円〜3000万円程度の中古の1棟アパートがおススメです。
数百万円の自己資金を貯めてから挑戦すれば、そんなにリスクはなく大家力をつけながら始めることが可能です。

ある程度のハズレ物件でも、給与から補填可能な額でまわる規模ですから。
そのうちにローンの期間(10年くらい?)が終われば、家賃は丸々あなたのものです!

まぁ、大規模修繕とかもやらなきゃいけないし、そんなに簡単なものではないですが。。。。


それでも、この規模で大家とはどんなものかをちゃんと経験したうえで、次の物件をチャレンジするなら安全です。
次の物件のときには、大家さんとしての力もついているでしょう。

良い物件を選べますし、運営も問題ないでしょう。
資産拡大するうえで大きな武器となります!



とまぁ、こんなことを徒然と書いてきましたが、あくまで個人的意見です。
違う見方をすれば、違う意見が出ます。

それもまた正解です。


あるひとつの正解だと思って読んでください♪







HOME-サラリーマン不動産投資入門