サラリーマン不動産投資をするための準備段階|サラリーマン不動産投資入門

スポンサードリンク

サラリーマン不動産投資をするための準備段階

サラリーマンが不動産投資をするにあたって、何を準備していけばいいでしょうか?

●金銭面での準備について

■最初にどのくらいのお金がかかる

あなたが、とってもお金持ちで、財産があるなら別ですが、そうでないのであれば、融資(ローン)を組むことになります。

最近では、『フルローンやオーバーローンの融資を引いてレバレッジ効果を最大限に利かすことが成功の近道だ』なんていう書籍もよく見かけます。

ただ、一般的には通常の金融機関であれば、ある程度の頭金が必要になります。
(物件によっては、フルローンが可能な場合もあると思いますので、絶対ではないですが)

基本的には、諸経費も含めて最低でも物件購入価格の2割程度は用意したいところです。

1000万円の投資物件からスタートするのであれば、200万円
2000万円の投資物件からスタートするのであれば、400万円


この頭金を貯められるかどうかが、サラリーマン不動産投資家になれるかどうかの最大のハードルです。

こればかりは、自分で頑張るしかありませんので
夢のためにも頑張りましょう!!



■融資の条件面での準備として

『融資までには3年の準備期間が必要』などという言葉をよく聞きます。

サラリーマンになったばかりだったり、やめて転職したばかりだったりすると、融資(ローン)の承認がおりにくいことがあるからです。
金融機関は、結構お堅い商売をしていますので、お金を貸してもいい人かどうかを慎重に審査をした上で融資を行います。

そこで「勤続年数3年」という目安が良くいわれています。
(自営業は「青色申告3期」、法人は「決算3年」と置き換えてください)

3年以内でも融資が承認されている人もいますので、場合によりけりですが、基本的には3年を念頭にいれたうえで融資の相談に行きましょう。

不動産投資をやる意思があり、仕事をやめる予定もあるのであれば、仕事をやめる前に融資を通すほうが簡単だということもありますので(笑)

※ちなみに私も、転職する前に融資を通してから、辞めました


「勤続年数3年」という条件は絶対の指標ではありませんが、「投資計画の修正に耐えられる安定した収入がある」「仕事を続けられるという最低ラインはクリアしている」といった点は、金融機関としてもプラスに見ていることでしょう。


サラリーマンが不動産投資をするのであれば、最大限 自分の属性を上げたうえで金融機関に融資の相談へ行きましょう!

そのためには、一定の勤続年数を稼ぐことは重要です。
大企業に勤める、年収を上げるということ、などで属性をあげることは難しいですが、これなら誰でも可能な属性UPです。



■書籍などで勉強を!

当たり前のことですが、金銭面の準備をしている段階で
いろいろな書籍などの情報に触れて勉強していきましょう。

不動産投資と言っても、様々な手法があります。
半分詐欺まがいの手口で紹介している情報もたくさんあります。

いろいろな情報にふれることで、実践前の準備をしていきましょう!


やっぱり、実際に不動産経営をやっていくと『百聞は一見に如かず』といった部分も多々感じるところではありますが、
それでも当然、『1聞は0聞に如かず』です。

最初に、聞いた情報で助けられたこともいっぱいありました。

準備期間も長い間になることが予想されますので、しっかり情報収集をしていきましょう!!

スポンサードリンク




HOME-サラリーマン不動産投資入門