優良物件を先に見つける!|サラリーマン不動産投資入門

スポンサードリンク

優良物件を先に見つける!|サラリーマン不動産投資入門


不動産投資では、優良物件(つまり儲かる物件)を探すことが最重要課題です。

ネットにあふれる情報の中で優良物件が埋もれている確率は1%以下です。
あなたの属性によっても優良物件の定義は変わってきますが。


それでも、やはり優良物件は少ないということだけは間違いありません。
ひとたび優良物件らしき情報がアップされると熾烈な競争が待ち受けています。


サラリーマンはネットの情報をチェックするのも本業が終了した夜か土日だけです。
どうしても不利になります。


その中でも、なんとか優良物件を見つけ出さなければ、サラリーマン不動産投資家としてスタートできません。

かといって、物件をみないで買付証明を入れるような無茶は危険ですからやめましょう。。。。
とんでもない瑕疵があるのに気づかずに買ったら悲劇です。

よほど、見ないでも自信がある場合以外はおすすめしません。
(自分も一回やりましたが、それでも3番目でした。。。。)



そんな忙しいサラリーマンでも、なんとか良い物件に巡り合えるようになる確率を
少しだけ上げることができる方法を紹介します。


スポンサードリンク


優良物件を効率よく見つける方法


ネットで優良物件らしき情報を見つけたら、すぐに現地調査に行くことが大原則です。
これを繰り返して、優良物件を見つけることになります。

でも、『優良物件らしき情報』は結構あります。
これ全部に問い合わせして、業者さんからの連絡を待って、住所を聞いて、待ち合わせして、、、、、、

なんてことをしていたら、時間がどんどん過ぎてしまいます。
サラリーマンでは、週に何件みられることか。



はずれ物件が多いですから、途中で心が折れることになるのではないでしょうか。
ただでさえ、ストレスが多いサラリーマンが続けるには厳しいですし。

貴重な土日が何回も何回も無駄になるのですから嫌にもなります。



そんな確率を少しでも減らして、効率的に物件探しをするツールが

Google Map です!




とくに、航空写真ストリートビューが役に立ちます。
というか大助かりです!


ストリートビューでは、インターネットで見るだけで、そこに行ったかのような感覚を与えてくれます。

これで物件を事前に見ることで、あきらかなダメ物件を排除できます。
現地に行くことなく、ハズレを判断できるわけですから効率は段違いです。



方法は簡単ですから、遊んでいれば分かると思います。
住所を入力して、右下に出てくる人のマークみたいなのをクリックするとみることができます。

(ストリートビューの説明サイトへ行くならここへ)



踏切がこんなに近いの!?
隣の家がゴミ屋敷だ、、、、、
川が隣!!!

なんてことも、すぐにわかっちゃいます。


これで、ライバルに少しは差がつけられるはず。
、、、、というか、これを使わないと平均以下だったりして。

かならず、使えるようになることをお勧めします!






HOME-サラリーマン不動産投資入門